ローカル弁を話そう!ハワイ通なら知っておきたいピジン語8選

みなさんピジン語はどのくらい知っていますか?

ピジンなんて知っていても特にメリットがない?

いやいや、ハワイ通なら知ってた方がかっこいいですよ!

ということで、ハワイ好きなら押さえて起きたいピジン語を8つ厳選しました!

ぜひこの機会にマスターしてみてください。

*ピジン語についてはこちらの記事をご参考ください。

Da Kine

発音: ダカィン
意味: ほぼ何にでも使える究極の言葉。どんな言葉にも置き換えられる指示語的役割を果たします。

特に通常ある単語を即座に思い出せない時に使うこともできるので、重宝します。

例文:
「Ey try go grab da kine an bring um ova heah. No not dat kine da udda kine.」

「ねぇ、ちょっとそこの”あれ”こっちに持ってきて!ちがうそっちの”やつ”じゃなくて、もう1つの”ほう”!」

より詳しい解説はこちら

Howzit?

発音: ハゥズィット?
意味: 「How are you?」と同じ意味。「元気?」「調子どう?」のように挨拶の時に使われる。通常は親しい友人に対して、”brah”や”braddah”など一緒に使われます。

例文:
「Howzit, brah?」

「よう兄弟、元気にしてる?」

Haole

発音: ハゥリー
意味: 白人。ポルトガル系やプエルトリコ系などは含まない。必ずしもではないが、どっちかというとブロンド髪の白人の人達のことを指すことが多い。

ちなみに「hapa haole」は白人と他の人種のミックス(ハーフ)を指します。

例文:
「You see dat haole ova dea?」

「あそこにいる白人の人見えるかい?」

Shoots

発音: シューツ
意味: 「Yes」「Ok」「Let’s do it」のように何かを肯定する時に使う言葉。

例文
「Shoots. I like some」

「いいね!僕にも少しちょうだい!」

Pau (Hana)

発音: パゥハナ
意味: 「Pau」は終わりという意味。「Pau hana」で仕事の終わりを意味します。
転じて仕事後の時間などを指します。

例文:
「It’s pau hana time. Give me a beer, brah」

「やっと仕事終わりだ!ビールをくれ!」

Shi-Shi

発音: シーシー
意味:「おしっこ」をすること。日本語の「おしっこ」から派生してできたとする説もあります。特に子供に対して使われることも多い。

例文:
「I gotta go make shi-shi.」

「おしっこしに行かなきゃ!」

Uncle/Auntie

発音: アンコー/アンティー
意味: ハワイでは叔父、叔母のように親族や血縁関係のある人だけでなく、自分より目上の人に使われます。日本語でいう「おじさん」「おばさん」がより馴染み深い形で使います。

例文:
「Eh, uncle, howzit?」

「(目上の親しい人に対して)ねぇ、おじさん、元気にしてる?」

Kanak attack

発音: カナッカタック
意味: 食後の眠気や疲れ。美味しいものをたくさん食べ、その後のお昼寝したい時などに使われます。

例文:
「I wen eat too much food. I had a major kanak attack.」

「食べ過ぎた。ものすごい睡魔に襲われてるよ。」

まとめ

ハワイに旅行すれば知らない間に現地の人々が使っています。

旅先でこれらの言葉をちょっとだけでも使えれば、驚かれること間違いなしです。

<<参考・参照>>
BLONDVOYAGE|What Does Da Kine Mean? 10 Hawaiian Pidgin Words to Know

MATADOR network|10 untranslatable Hawaiian Pidgin terms

HUFFPOST|27 Words To Learn Before You Visit Hawaii