ハワイ旅行者のためのサンダル選び!オススメなビーチサンダルは?

ハワイ旅行の必須アイテムといえばサンダル!

ハワイの空港に着いたら、真っ先にサンダルを購入するという人も多いと思います。

とはいっても、日本でサンダルを履く機会はそこまで多くないという方にとって、ハワイ旅行中のサンダル選びは悩みの種

ハワイ旅行に適したサンダル選びとオススメのサンダルをご紹介していきます!

そもそもハワイでサンダル必要か?

ハワイだからといって「サンダルは必要なのかな?」と疑問に思う方もいると思います。

「靴だけでいいではないか?」と。

この質問への答えはもちろん、

「サンダルも必要です!」となります。

これにはいくつかの理由があります。

ホテルやビーチなどで脱ぎ履きしやすいため

サンダルの利点は脱ぎやすく、履きやすいこと。日本と違い、ハワイのホテルでは靴を脱がないことが多いので、部屋の中でも脱ぎ履きしやすいとストレスになりません。ビーチでもすぐに脱いだり履いたり出来る方が都合がいいです。

砂がついても洗いやすい

ハワイのビーチを歩いている時には、靴に砂が入ってしまします。

その点、サンダルの場合は足ごと水で洗い流せます。

アロハを感じるため

せっかくのハワイです。足元から開放感を味わいましょう。

ローカル感を出すため

人によっては旅行先の現地スタイルに合わせる人が多いと思います。ハワイでいえばハワイアンスタイルです。ハワイのローカル感を味わうために、サンダルは必須アイテム

とは言っても、サンダルは種類によってメリット・デメリットが全然違います。

それでは早速、色々なサンダルの種類を見ていきましょう。

サンダルの種類を選ぶ

サンダルといっても種類はいろいろです。

ハワイと日本では人気のサンダルの種類がそもそも違います。

サンダルを見るだけで観光客かどうかすぐわかるという人もいます。

今回は数あるサンダルの中からハワイ旅行に適したサンダルのみご紹介します。

ビーチサンダル

ハワイ現地の人々(ローカル)が一番よく履いているのが、ビーチサンダル

サンダルといえばビーサンを思い浮かべる人もいるかもしれません。

というのも現地のローカルメンズの95%くらいはサンダルといえば、ビーサンです。

(あくまでも感覚値です。)

どれも比較的安価で、慣れればとても動きやすく使い勝手がいいです。

逆にいえば、慣れるまで靴擦れなどで苦しんでしまうかもしれません。

安価で軽量な分、壊れやすいのデメリットといえるでしょう。

メリット・デメリット

メリット

・ローカル感を味わえる

・脱ぎ履きしやすく、動きやすい

・服に合わせやすい

・軽量でかさばらないため、荷物にならない

・値段が安い

デメリット

・慣れるまで、靴擦れがひどい

・物が当たると痛い

・壊れやすい

せっかくハワイに来てビーチを楽しむなら、少しでもローカル気分を味わうのなら、ビーチサンダルに挑戦してみましょう!

シューズサンダル・マリンシューズ

通常の靴に一番近いタイプのサンダル

かかとの部分が比較的浅く、普通の靴よりも脱ぎ履きしやすくなっているのが特徴です。

また、通気性がよく、海中で履いても水を逃すため重くなりません。

ブランドによって、だいぶ見た目が異なります。

履き心地はいいですが、ビーチでは靴に砂が中に入ると気になってしまったり、ビーサンより砂の上を歩きにくく感じるかもしれません。

また、多くの人にとってサンダルは日本から履いていくものでなく、スーツケースに入れることが多いと思います。通常の靴同様にかさばるので、荷物になってしまいます。

メリット・デメリット

メリット

・履き心地がよい

・壊れにくい

・安全性が高い

デメリット

・ビーチで使いづらい(靴同様、砂が気になる)

・荷物としてかさばりやすい

・値段が高い

マリンスポーツなどにおいては、石やサンゴ礁から足を保護してくれるので、安全性は高くおすすめです。

ストラップサンダル

サンダルにストラップがついているので、サンダルなのに脱げるという概念がありません。

まさにビーチサンダルとシューズサンダルのいいとこ取りをしています。

いろんな種類のものがあり、ファッションとして個性を出しやすいのがストラップサンダル

ただし、日本でもサンダルというとこのストラップサンダルが非常に人気ですが、ハワイにおいてはあまり好かれていません。

というのも、サンダルは脱ぎ履きしやすいことがいいところ

ビーチやパーティーでは、すぐにサンダルを脱げる必要があります。

ローカルがほとんど履かないため、ストラップサンダルを履いていると観光客だとすぐにわかります。(別にだからどうということでもないのですが)

メリット・デメリット

メリット

・サンダルだけど脱げにくい

・足底が分厚いため、石を踏んでも痛くない

・ビーチでも歩きやすい

・デザインの種類が豊富

デメリット

・観光客感が強い

・比較的重く、足が疲れる

機能性や履き心地を重視するなら、ストラップサンダルは使い勝手がいいでしょう!

シャワーサンダル・コンフォートサンダル

スリッパのような形状で、ちょっとした買い物に気軽に履いていけるタイプのもの

スポーティなものが多いシャワーサンダル、履き心地重視のコンフォートサンダルは見た目こそ違いますが、形状は似ています。

かかと部分に何もないため、履きやすく、脱げやすいのが特徴

ビーチサンダルのように親指と人差し指の間の柱がないため、歩いている時に力が分散します。そのためビーチでは特に歩きにくいです。

また、コンフォートサンダルの方は足底が厚い分、重みがあります。

ものによっては長時間履くと足が疲れてしまうものもあります。

メリット・デメリット

メリット

・脱ぎ履きが簡単

・足底が分厚いため、石を踏んでも痛くない

デメリット

・脱げやすい

・足に力が入らない

・重みがあり、足が疲れる

飛行機の中やちょっとした買い物へ出かけるのには重宝します。

サンダルのサイズを選ぶ

サンダルのサイズは大きすぎず、小さすぎないちょうどいいサイズを選びましょう。

大きすぎると、パカパカ音がなり、足が疲れてしまいます。

小さすぎると、地面に素足があたり、怪我をしやすくなります。

ハワイでサンダルを購入する場合は、サイズの規格も注意が必要です。

アメリカは靴のサイズ単位が「インチ」のため、日本のように「センチ」で靴を探しても見つかりません。

下記の表が日本とアメリカのサイズの早見表です。(メンズ)

日本
(cm)
26.0 26.5 27.0 27.5 28.0 28.5 29.0
アメリカ
(inch)
8 8.5 9 9.5 10 10.5 11

実際には、ブランドによっても上記の数字と異なることが多いです。

また、S・M・L・XLの表記のブランドもあります。

必ずブランドごとのサイズをしっかりとチェックするようにしましょう。

ハワイで人気のサンダルブランド

サンダルの種類とサイズがわかったところで、オススメのサンダルブランドをご紹介したいと思います。

Locals 【ローカルズ】

せっかくのハワイ旅行

ハワイ現地で、ローカルっぽくビーチサンダルを履きこなすなら、ハワイアンブランドの「Locals」がオススメです。

ハワイのABC STOREやドラッグストアで、購入できます。

1足$10〜20ほどと高級感があるわけではありませんが、履けば履くほど愛着がわいてきます。

パーティーなど多くの人が集まる場所では、ローカルの多くがこのブランドを履いているため、帰宅時に誰かに間違って自分のサンダルを履いていかれるなんてことは日常茶飯事です。

havaianas 【ハワイアナス】

ハワイアナスもビーチサンダルの定番です。

名前こそハワイですが、ブラジルのブランドです。

カラフルなサンダルも多く、様々なキャラクターともタイアップしています。

SCOTT HAWAII 【スコットハワイ】

ハワイで1932年に創業したスコットハワイはしっかりとした作りのサンダルが特徴的

底が厚いため、履き心地も抜群!

ハワイのお土産としても人気が高いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

サンダルの選び方次第で、旅への負担が大分変わります。

ハワイ旅行へ向けて、新しいビーチサンダルを準備して、最高の旅に備えましょう!