ハワイ旅行の持ち物リスト!70アイテムを忘れずに持っていく!

旅行前の荷造りが好きな人もいれば、色々考えるのが面倒に感じる人も多いと思います。

「あと数日でハワイ旅行!そろそろ荷造り始めなきゃ!」

そんな方へ、ハワイ旅行時の持ち物リストを作成しました。

是非ご活用下さい。

目次

ハワイ旅行持ち物リスト一覧

以下の画像にハワイ旅行に必要な持ち物一覧がのっています。

それぞれの持ち物についての解説もしていきますよ!

PDFファイルのダウンロードをしたり、印刷をしたい方は↓↓

カバンを準備しよう!

持っていくものを確認する前に、ポーチ、カバン、スーツケースなどの入れ物を準備しましょう!

必ずしも3つとも必要ではありませんし、反対に3つ以上の入れ物を準備するのも、もちろんOKです!

ポーチ

バッグやスーツケースにいきなり、重要なものを入れてしまう前に、パスポートや財布を入れて持ち歩けるセキュリティポーチがあると便利です。

セキュリティポーチにはカードのスキミング防止してくれるポーチなどもあります。

大事なものを守るために準備しておきましょう。

情報を抜き取られないようスキミング防止のトラベルケースに大事な書類をまとめられます。

スキミング防止のパスポートケースもオススメです。

バッグ

主に機内に持ち込むために使いましょう!

機内に持ち込めるサイズかどうか、航空会社のHPなどで事前に確認が必要ですよ!

スーツケース

比較的重要でない、洋服や日用品を入れていきます。

海外でのスーツケースの扱いは、乱暴なことがあるので、貴重品類や割れ物類は絶対入れないように注意しましょう。

最重要リスト【ポーチ】

入れもの類の準備ができたら早速超重要書類からみていきましょう!

これらがなければ旅行自体が危うくなってしまう持ち物リストです。

特に最近は航空券やESTAなどは原本持参の必要性がなく、控えも不要なことが多いですが、それでも大事な書類のため控えは必ず持っていきましょう。

旅行中どんなトラブルが起きるかわかりませんからね。

ポーチやトラベルケースなどに入れておきましょう!

パスポート(コピーも)

海外旅行で忘れると大変なものNo.1といっても過言ではないパスポート

これがないと渡航できないため重要なのですが、携帯や財布と違い普段持ち歩くものではないため、特別に意識していないとつい忘れてしまいますね。

パスポート本体はもちろんですが、コピーを持っていると何かと便利なこともあります。

特に、海外で常にパスポートを持ちあるくのは、何かと不安です。

紙に関わらず、スマホで写真を取っておくと、紛失時の再発行もスムーズにいくでしょう。

航空券(eチケット控え)

こちらもパスポートと並んで、最重要の持ち物

ただし、最近はeチケットが主流のため、パスポートさえあれば航空券(eチケット)さえ不要の航空会社も多いです。

下記の写真は旅行会社から来たパスポートチェックインの案内です。

パスポートだけでも便利は便利ですが、航空券やeチケットの控えが全くないと、当日空港に着いてから焦ってしまったり、何かトラブルがあった時に困ります。

私は航空券の控えをプリントアウトして紙で持っていくか、スマホにpdfで保存するかしています。

渡航先でネットが繋がらないハプニングなどもあるので、すぐに利用できるよう航空券はeチケットでも控えをもっておきましょう。

ビザ or ESTA控え

ビザを取得してハワイへ旅行へいく方はビザ関係の書類が全て揃っているか確認しましょう。

ビザなしで旅行する方は、ESTAの申請は出国の3日前までには終わっていることが前提です。

終わってない方は今すぐこちらでチェックしてください。

ESTAも特に持っていくものはありませんが、申請して承認された後の控えくらいは持って行った方がいいでしょう。

重要リスト【バッグ】

財布|現金(日本円・米ドル)

準備した財布の中に日本円はもちろんですが、USドルもちゃんと入っていますか?

空港で両替するつもりが、空港着いて慌ただしく両替するのを忘れてしまった経験がある人もいると思います。

空港以外にも銀行で両替できるので、出来るだけ早い段階で両替を済ませておくのも大事です。

財布|クレジットカード・デビットカード

現金だけでは不安ですよね。

クレジットカードやデビットカードは旅行中重宝します。

海外旅行保険が付帯されていることが多いので、持っていくことをオススメします。

スマホ・充電器

普段から肌身離さず持っている方も多いでしょう。

スマホは流石に忘れないという方も、充電器は忘れないように!

仕事用と2台持ちの方は、仕事用スマホもお忘れなく!

パソコン・充電器

仕事用や機内用にパソコンを持っていく方!

スマホ同様に充電器を忘れずに!

パソコンはスーツケースではなく、機内に持ち込みましょう。

SIMカード

最近は格安SIMの影響で、SIMフリーのスマホを使っている場合は、大手キャリアのように海外プランがついていません。

そんな時にはハワイで使えるSIMカードを事前に買っておきましょう。

現地に着いてから買おうとなると、慌ただしく買いにいけなかったり、全部英語で何を買えばいいかわからないなんてことも。

SIMカードも事前準備が必要です。

ポケットWiFi

スマホのSIMカード同様に、海外でネット環境を整えるならポケットWiFiはマストアイテムです。

ホテルやお店でもネットが繋がることはありますが、どこでも、いつでも、安定的にネット環境を整えるなら準備しておきましょう。

空港でもレンタルできます。

薬(持病薬・頭痛薬・酔い止め・下痢止め等)

持病がある人や頭痛持ちの人は飲み慣れた薬を持っていきましょう。

ハワイにももちろんドラッグストアはありますが、薬の効き方は日本のものと違います。

私は偏頭痛持ちですが、アメリカの頭痛薬は一切効かったです。

特殊な薬を常用している人や比較的大量に持ち込む必要がある人などは、かかりつけのお医者さんに相談しましょう。

場合によっては英文での医師による証明書を持って行った方が良いこともあります。

海外旅行保険(原本もしくは控え)

海外旅行保険は必須ではありません。クレジットカードの付帯のみの人もいるでしょう。

ただし、保険に加入した人は、契約書や保険証券の原本を持っていきましょう。

原本を持ち歩かないまでも契約内容がわかるように控えを持っておきましょう。

ホテル予約内容のわかるもの

自分で予約したホテルの場合、予約してから特に何を持っていくこともなく、パスポートなどでチェックインをすることもあるでしょう。

こちらも必ず持っていなければならないものではありません。

ただし、飛行機の機内で入国カードの滞在先欄にホテル名を書く時に必要だったり、入管での詳しい質問をされた時に証明となることもあります。

スマホのスクショでもいいので、情報がすぐわかる状態にしておきましょう。

免許証・国際免許

ハワイ現地でレンタカーを利用する方は、日本の免許証をお忘れなく!

有効期限なども念のため確認しておきましょう。

ハワイにおいては、国際免許を必ずしも持っていなくても運転できますが、現地の警察官に捕まってから無免許運転とみなされるケースがあるため、在ホノルル日本国総領事館も国際免許の携帯を強く進めています。

↓↓ハワイ州で車を運転する方へ|在ホノルル日本国総領事館(日本語です)

国際免許は比較的サイズが大きいのく、財布に入らないかもしれないので、バッグやポーチに入れておきましょう。

レンタカー関係の書類

レンタカーを事前に予約している方は、レンタカー予約時の契約書や予約内容がわかるものを用意しておきましょう。

その他の機内持ち込み【バッグ】

ガイドブック

ハワイ旅行のガイドブックや雑誌などは準備しましたか?

クーポンがついてるものもあるのでチェックしておきましょう。

紙よりも電子版のものがあれば、持ち歩かず済むので探してみてください。

カメラ・充電器・SDカード・三脚

一眼レフやミラーレスカメラなどなど

最近はスマホの性能がいいですが、せっかくのハワイ旅行、用途によって使い分けたいですよね。

SDカードや三脚などは忘れやすいので要注意

海での撮影やマリンスポーツなどではGoProがオススメです。

イヤホン・ヘッドホン

機内で忘れるとテンション下がるのがイヤホンやヘッドホン

ワイヤレスのものやノイズキャンセリングのイヤホンは機内で重宝します。

ちなみに機内でのBluetooth機器の利用は、基本的には大丈夫ですが、機体によって制限されることもあるので事前に確認をしておきましょう。

モバイルバッテリー

旅行中は何かと普段と勝手が違うことが多いです。

スマホの充電が無くなりそうになっても、どこでも充電できるようモバイルバッテリーを1台は常備しておきましょう。

パソコンも充電できる大容量のモバイルバッテリーもありですね。

時計・アクセサリー

時計もスマホがあるので基本的にはいらないのですが、ハワイ旅行の場合はサーフィンやシュノーケリングなど必ずしもスマホを携帯しない状況が発生するので、防水の時計が便利です。

僕はG-Shockを愛用していました。海に出た後もそのまま洗えるので重宝します。

時計の他にも、当日身につけていかないアクセサリー類は忘れがちです。

手帳・日記

普段使っている手帳や日記はカバンに入れましたか?

旅での想い出をぜひ書き記しましょう!

筆記用具(ペン)

機内で入国カードに記入するのにペンがなくて焦った経験はありませんか?

いつもスマホばかり使っていると、筆記用具の存在すら忘れてしまいます。

読み物(本・iPad)or オーディオブック

日本の本のような読み物は一度飛行機に乗ると、現地で買えません。

せっかくビーチで読書をしようと思ったのに!とならないように。

ただし、旅行の場合は、iPadなどの電子書籍が大変便利です。

iPadはビーチでの読書が快適になります。

専用の端末がなくても、スマホでkindleのような電子書籍が読めるので、事前にダウンロードの準備しておきましょう。

最近はオーディオブックも充実しています。機内でも気軽に聞くことができますよ。

オーディオブックで英語の勉強をするのもオススメです!↓↓

メガネ・コンタクト

メガネとコンタクト両方使う方は、どっちか一方を忘れてしまうことがよくあります。

気をつけましょう!

コンタクトケース・洗浄液(小)

コンタクトの方は、1回使い切りタイプのコンタクトケース・洗浄液を準備しておくと、機内で寝るときに大変便利です。

旅行中に使う大きいタイプのものは、スーツケースに入れておきましょう。

サングラス

ハワイは日差しが強いです。

ファッションとしてだけでなく、目の保護のためにもサングラスは持っていきましょう。

スーツケースにいれると割れてしまうことがあるので、機内用にお忘れなく!

アイマスク

光をシャットアウトするための、マストアイテム

機内でいつでも寝られるようにアイマスクがあると便利です。

ネックピロー・機内用枕

こちらも持っていくか悩むところですが、ハワイへのフライトは結構長いです。

首が左右に曲がった状態で寝ると、寝違えることも。

普段の通勤電車で寝るのとはわけが違います。

空気を入れるタイプのものもあるので、かさばる心配も必要ありません。

耳栓

耳に密着するタイプのイヤホンやヘッドホンを使っている方はいらないでしょうが、僕みたいなイヤホンの隙間があるAirPods愛用者にとっては、耳栓は重要です。

ただし、忘れた場合でも機内で頼めば貰えることもあります。

マスク

飛行機内やホテルは乾燥します。

マスクは海外現地で利用すると、「病気なのかな?」と不安に思われることもあるので注意は必要です。

そのため、日本みたいにどこでも売っているものではないので、気をつけましょう。

ハンカチ

普段ハンカチを使う方はお忘れなく!

ポケットティッシュ

海外では日本みたいに、ポケットティッシュをどこでも配っているなんてことはないので、あると便利です。

衣類【スーツケース】

次に比較的重要度の低いものや割れ物でないものはスーツケースに入れていきましょう!

洋服

ハワイで着たい服

洋服は何を持っていくかは、基本的に個人差が大きいので、気になるものだけピックアップしておきます。

リストにないものも忘れずに持っていきましょう!

Tシャツ

旅行日数分+αでいいでしょう。

なければ現地で買い足せばいいです。

ズボン

ハワイだからショーツのみ!とそれでもいいですが、1着くらいは長ズボンを持っていきましょう。

上着

季節によっては、ハワイでも寒く感じるときがあります。

特に冬(11月〜2月頃)は夜に羽織りものがないと、肌寒く感じます。

1着でいいので持っていきましょう。

ドレスコード用の服

比較的高級なレストランなどでは、ショーツやサンダルなどはNGなことがあります。

行ってから困らないように1着は、襟付きのシャツやデニムではないズボンがあるといいです。

パジャマ

決まったパジャマじゃないと寝られない人はお忘れなく!

下着

下着は一回も洗濯しないで帰ってこられる分量で構わないでしょう。

こちらも足りなくなれば買い足せばいいです。

水着

せっかくのハワイだから現地でいいもの買いたい!という方もいるでしょう。

毎日ビーチへいくなら、2着以上は持っていると便利です。

靴下

ドレスコードの場合や、ゴルフ、ハイキングなどのスポーツをする場合は、ハワイといえども靴下が必要です。

いくつか持っていきましょう。

サンダル

サンダルも現地購入できますが、そんなに重くもないので事前に持っていくのもいいでしょう。

どんなサンダルにするか迷っているならこちらの記事を参考にしてください↓↓

サンダルの他にも、ダイヤモンドヘッドを登ったり、ゴルフをしたり、高級レストランにいく人は靴が必要です。

サンダルよりもかさばるので、出国前に靴に履き替えるのがベストです。

ベルト

意外と忘れやすいのが、ベルトです。

出国手続きで金属類にベルトがよく引っかかるため、ベルト不要な服を着ていく方は、うっかり普段利用するベルトをスーツケースに入れ忘れることも。

帽子

顔にもろに紫外線を浴びたくない方は帽子をお忘れなく。

ゴーグル

シュノーケリングへいく方はゴーグルを持っていきましょう。

ゴーゴルはかさばりやすく、現地レンタルもあるのでマストアイテムではありません。

ビーチ用バッグ

ビーチにいくとバッグは汚れます。

おしゃれなバッグしか用意してない方はビーチなどで使うバッグも想定しておきましょう。

タオル(大・小)

ホテルで借りられることもありますが、公共のビーチにいくならバスタオルは1つあってもいいかもしれません。

小さいタオルも1つあると便利です。

日用品【スーツケース】

コンタクトレンズ洗浄液(日数分)

機内用に少量持っていくのとは別に、日数分のコンタクトレンズの洗浄液も忘れずに!

現地でも買えますし、そもそも日本のコンタクトレンズの洗浄液はアメリカのブランドのものが多いので、日本で使っているのと同じものが買えます。

結構重いのと、液体を持ち込むのが心配という方は現地で買いましょう!

歯ブラシセット

機内で歯を磨くことがあれば機内用バッグに入れておきましょう!

髭剃り・シェービングクリーム

男性は髭剃りやシェーバー、シェービングクリームを持っていきましょう!

電動シェーバーの場合充電器もお忘れなく!

整髪料

整髪料やトリートメントなど、普段使っているものがある場合は、準備してください!

化粧品・衛生用品

女性は化粧品や衛生用品などを忘れずに!

もちろん機内用のバッグでもOKです!

日焼け止め

ハワイ旅行には欠かせない日焼け止め!

気をつけたいのは、法改正により今後(2021年〜)ハワイでは一部の有害物質を含む日焼け止めが利用できなくなるということ。

海の環境を保護するためです。

ヘアブラシ・ヘアゴム

必要な方はヘアブラシやヘアゴムなどを持っていきましょう。

デオドラント・香水

ハワイは日本ほどジメジメしていませんが、それでも汗はかくので制汗剤や香水などはあると助かります。

絆創膏

アクティブなスポーツをしたり、ビーチで海水浴したりしていると、何かと絆創膏が活躍する場面が多いので持っていきましょう!

爪切り

爪切りもあるといいです。

ホテルで借りたとしても、知らない人が使ったものはちょっと…

という方も多いでしょう。

わざわざ買うほどでもないため、持って行った方が無難です。

綿棒

プールや海で普段よりも、水に浸かる機会が多いので、綿棒も忘れずに!

サプリメント

常用しているサプリメントはありますか?

薬は持って行ったけど、サプリメントを忘れた!とならないように、薬と一緒に入れておくのもいいですね!

リップクリーム

ハワイでも乾燥することは多いです。

リップクリームはマストアイテム

虫除けスプレー

ハワイは南国なので、虫は多い方です。

虫除けスプレー1本あるといいです!

ウェットティッシュ

ポケットティッシュ同様あれば便利です。

覚えてたら持っていきましょう。

その他あったらいいもの【スーツケース】

その他スーツケースに入れるもの、あったらいいなと思うものをリストアップしていきます。これらは絶対に必要なものでもないので、少ない荷物が最優先の方はスルーしても大丈夫です。

エコバッグ

ハワイもビニール袋廃止に向け進んでいます。

スーパーで買い物する機会もあるでしょう。

エコバッグは忘れないように!

衣類圧縮袋

洋服はとにかくかさばります。

旅行用の衣類圧縮袋があれば、スーツケース内もすっきりしますよ!

防水ケース

スマホを海で使いたい!ビーチにスマホや貴重品を置いておきたくない。

そんな方は防水ケースを持っていきましょう!

変圧器

ハワイの電圧は110/120Vなので、日本の100Vより若干高いです。

ただし、スマホやパソコンなどの充電器の多くは「100V〜240V」対応とかいてありますので、その場合変圧器は必要ありません。

「100V」とのみ記載されているものは、変圧器が必要になります。

特にドライヤーやヘアアイロンを日本から持っていく方は変圧器の必要性がでてきます。

ちなみにプラグの形状は日本とほぼ同じですので、変換アダプターは必要ありません。

ドライヤー・ヘアアイロン

自前のドライヤーやヘアアイロンが必要だという方は持っていきましょう。

ただし、変圧器でも説明した通り、電圧には気をつけましょう。

シャンプー・石鹸

アメリカのものが合わない方などは自前のものを持っていきましょう。

基本的にはホテルのもので事足りるかとは思います。

折りたたみ傘

ハワイはよく雨が降ります。

とは言っても、日本のようにずっと降っているのではなく、サーっとふって、サーっと止むことが多いです。

現地の人のほとんどは傘をさしません。

降っている間は、建物で少し雨宿りするか、気にせず歩いています。

もちろん傘を使っても問題ないですが、荷物になるのが嫌な人はなくても大丈夫です。

ただし、運が悪いときは、ずっと降っていることもあるので、その時は少し我慢しましょう。

スーツケースベルト

これがあるとスーツケースが開く心配もないですし、何より目立つ色合いにすれば、荷物の引き取り時に目立ちます。

荷物測り・ラゲッジスケール

お土産買いすぎたけど、重量制限大丈夫だろうか?

格安のLCCでは荷物の重さも厳しくチェックされます。

重量オーバーにならないために、事前に準備しておくといいです。

荷物測りさえあれば、その心配はいりません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一覧で見るとかなりの量ですが、ハワイ旅行特有の持ち物もあるので要注意!

リストに含まれていない、大事なものも忘れないように!

最高のハワイ旅行を満喫してください!